「家族葬」って何?

葬儀で失敗しないためにできること

葬儀で失敗しないためにできることの写真

葬儀を松戸市でするなら低価格の家族葬で評判の葬儀社グランドセレモニーhttps://www.grandsougisya.co.jp/matsudo.html

葬儀は突然やってきて、2~3日ほどで終わってしまいます。短期間ですべてを決めて行わなければならず、葬儀が終わった後に「やっておけばよかった」「やってはいけなかった」と後悔することも少なくありません。葬儀はやり直すことができません。葬儀の失敗を防ぐために、以下のようなことに注意しましょう。

葬儀の内容を家族で話し合う

親の死と葬儀の話をするのは難しいですが、どのような葬儀にしたいのか、どのような希望を持っているのか、普段の会話の中で話し合うことが大切です。最近では、エンディングノートや遺言書を書くことで、自分の希望や思いを家族に伝える人も多くなってきています。

親戚や知人、友人など、周囲の人たちの希望を考えてみましょう。

最近では、故人の意思を尊重するために親族のみが参列する「家族葬」も増えていますが、故人と親しかった人の意思を考えることも大切です。家族葬」が終わった後に、葬儀に参列できなかった親戚や友人、知人が「せめてお参りだけでもしてほしい」と次々と実家に押しかけてきたというケースもあります。

信頼できる葬儀社を選ぶ

葬儀社選びは非常に重要で、葬儀の成否は葬儀社選びにかかっています。葬儀業は、許可や免許、届出などの法律上の制限がなく、誰でも葬儀を行うことができます。葬儀社によっては、電話一本で仲介サービスを行っているところもあれば、インターネットを利用して仲介サービスを行っているところもあります。信頼できる葬儀社を選ぶためには、以下の点に注意することが大切です。店舗を構えているか、事前相談ができるか、地域の風習や伝統を知っているか、地域での評判は良いか、国家資格である葬祭ディレクターの免許を持っているか。

自分の思いや希望を明確に伝えましょう。

家族を亡くした喪主や遺族は、悲しみの中で精神的に不安定になっており、知識や経験がないために自分の思いを明確に表現することが難しくなっています。そんな中、葬儀社に「何も知らない」と白紙委任してしまうことがあります。こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、自分の意見や要望をはっきりと伝えることが大切です。葬儀の形式や規模、予算について自分の考えを伝えること、わからないことは納得いくまで説明を求めること、素人判断をしないこと、無理をしないこと、世間体を気にしているからといってうぬぼれないことが大切です。

必ず書面での見積もりを取るようにしましょう。

葬儀社の中には「●●万円で全部やります」などと約束する葬儀社もありますが、トラブルを避けるためにも、必ず書面での見積もりを取りましょう。見積書は契約書と同じくらい大切なものです。見積書に記載されている以外にも、追加料金や追加料金、前払い金が発生しないかどうかも必ず確認しましょう。また、変動費があるかどうかも確認しましょう。各項目の内容、単価、数量、金額に納得がいくまで説明を求めましょう。打ち合わせや見積もり交渉には、責任のある家族2人以上が参加するようにしましょう。

想定外の出費にも注意しましょう。

親族のレンタル衣装代や交通費、遠方から来た親族の宿泊費や交通費、食事代などは、予想外に大きな出費になることがあります。葬儀全体の予算の中で考慮しておく必要があります。