「家族葬」って何?

葬儀の役割とは

葬儀の役割とはの写真

葬儀を松戸市でするなら低価格の家族葬で評判の葬儀社グランドセレモニーhttps://www.grandsougisya.co.jp/matsudo.html

社会的役割

人はこの世に生まれ、様々な人と関わりを持ち、そして死んでいきます。葬儀は、その人たちに死を知らせる(社会に知らせる)、確認する(後継者を紹介する)という社会的な役割を持っています。

死と向き合う心理的役割

人の死は、遺族や関係者に悲しみと心痛をもたらします。また、死の事実を受け入れなければなりません。死期、通夜、告別式、葬儀、告別式、その後の追悼式という長い葬儀の儀式のプロセスの中で、遺族は死を受け入れ、癒し(悲しみ)が起こります。葬儀は、遺族の心のケアのプロセスとしての役割を果たします。

教育的な役割

近年、様々な痛ましい事件が起きています。葬儀に参列することは、命の大切さを再認識する機会になります。

遺体を埋葬するという身体的な役割

死体は時間の経過とともに腐敗していきます。死者の尊厳を守るためには、遺体を土葬にするか、火葬にする必要があります。遺体の扱いは、遺体との別れであり、死者との別れでもあります。

死者を送るという宗教的な役割

人が死ぬと肉体は消滅しますが、宗教的には霊が存在します。そのため、故人の霊を現世(この世、このお彼岸)からあの世(あの世、あの世)に送る必要があります。これが「葬儀」の真髄です。

狭義の「葬儀」は「お葬式」を意味しますが、広義では「葬儀」を指し、「お葬式」は「お葬式」の略です。つまり、遺族や関係者が死期を迎えてから、葬儀や追悼の儀式を行うまでの一連の儀式のことを指します。葬儀で行われる一連の儀式は、宗教的な機能だけでなく、死を悼む人の悲しみや痛みを癒すための精神的なプロセスでもあります。